偏頭痛の薬イミグランの飲み方と副作用

頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。

一般的に女性に多いのは片頭痛で、おこる30分ほど前にチカチカするなどの前兆があります。

一度頭痛が起こると吐き気を伴うほど痛くなることが多く、日常生活を送るのが困難になります。

頭の血管が拡がることにより周りの神経が刺激されるので、片頭痛の治療にはイミグランを使用するなど薬物療法を行うことが多いです。

イミグランは片頭痛に特化した薬です。

イミグランは片頭痛が起きている時に飲んでも効果があるのが特徴です。

一般的に錠剤を処方されますが、点鼻薬や注射などもあります。

イミグランは血管の拡張を抑える薬のため、副作用が現れることがあります。

胸の締め付け感、息苦しさ、吐き気、胸やのどのつかえ感などは、首や胸の筋肉が緊張状態にあるからです。

薬を飲んで30分ほどたつと、頭の痛みと同時にそういった感覚もなくなるので、気になる場合は安静にしていると良いでしょう。

イミグランはトリプタン系の薬ですが、トリプタン系の薬は前兆の時点で飲んでも効果があまりないことがあります。

緊張型頭痛には効果がなく、片頭痛のみに効く薬ですので、片頭痛かも、と感じたら10分以内に飲むようにします。